式場の選択しよう|夢にまで見た結婚式は理想の地で挙げるのが一番
ウェディング

夢にまで見た結婚式は理想の地で挙げるのが一番

式場の選択しよう

新郎新婦

神社挙式で結婚式を挙げることを決めたら必ず準備するべきことがあります。それは式場になる神社を選ぶことです。当たり前のことですが、これが非常に難しい問題です。それというのも、どこの神社でも参列できる人数が非常に少ないからです。教会での結婚式であれば何百人も収容することができるところもありますが、神社の場合は大きくても50人から70人程度までしか収容できません。したがって、必要最低限の人だけをリストアップしましょう。ただし、神社挙式で披露宴を行わない場合には式場になる神社の収容人数を特に気にする必要はありません。自分の住んでいる居住地区に近い神社を選んでもいいですし、実家から近いところにある神社でも構いません。

最近は伝統的なスタイルでの挙式に人気が高まっていますので、神社挙式で結婚式を行う人も多くなっています。なぜこれほどまでに人気が高まっているのかというと、主に2つのメリットが挙げられます。まずは神社挙式は和装で臨めるという点があります。白無垢や袴姿で結婚式を挙げることができるのは日本人だからこその特権です。和装を楽しめるだけでなく凛とした美しさが魅力です。もう1つは新郎が行う儀式がある点です。神社挙式には誓詞奏上の儀という儀式がありますが、これは新郎が神の前で結婚の誓いを述べる儀式です。新郎にこれからの人生で活躍してほしいと考えている新婦にはおすすめです。他にもメリットはありますので、検討候補に入れましょう。